ikosamiについて

キャラクターのいこさみについてはこちら

 

はじめまして・・・の方はこのページを見ないのではとは思いますが、
一応、はじめまして。。ゲームプログラマーikosamiです。

 

ikosamiという人物はなにものか?

ひたすらゲームばっかり作っている人です。

表に出していないゲームも合わせると100本以上作っており、
もうかなりの年数作り続けています。

ゲームを作るといっても、どこまでやってるのか

まともにやっている順に並べると、

 

プログラム 本職
企画 やらなかったら作れるものがないので自力
宣伝・営業 広告出稿したり、掲載依頼メール送ったりなど
2Dデザイン UIも含む 最近は外注も
3Dデザイン いこさみ や えぼりうなど。
脚本 「広告見てストーリーを読む」だけで、うな重が食べられるレベルで稼いでます。
効果音作成 アプリ内で自作SE使ってます
BGM作成 使い物にならない
声優 過去にやった黒歴史 いい感じにできればやりたいが棒読みにしかならない

思いつく限りは一通り、全部やってます。

会社でゲームを作る時に、これらや機材購入とか以外で
必要な能力など、他に何かあったら教えてください。

プロフィール

本職  : Unityエンジニアとしてゲーム制作

趣味  : ゲーム制作,YouTube

誕生日: 1994年3月3日

一人称: 自分(僕も俺も合わないとか思ってたらこうなりました)

 

得意なこと:機械的な分析 会社の得意分野診断みたいなやつで、分析力MAX値でした。

苦手なこと:暗記や記憶 病的に記憶力がありません。同じことを何度も言う可能性があります。

 

関わりたい人:ikosamiのことを好きな人,ikosamiに益をもらたす人

関わりたくな人:ikosamiのことを嫌いor無関心な人,ikosamiに害をもらたす人

※普通かもしれませんが、むしろ、これ以外ありません。好意的に接してきた人は、大体好意的に見ています。
このページを見ている時点で、あなたは たぶん関わりたい人だと思います。

 

既婚で、子はいません。

 

資格

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

CGクリエイター検定エキスパート

情報セキュリティスペシャリスト試験(情報処理安全確保支援士に代わりましたが、更新していないので多分消えました)

 

ikosamiの歴史 ※長いので 無理に見なくても大丈夫です

14歳

中学校のパソコンの授業で、「HTMLでホームページを作ろう」みたいなのをやった時に
「これ自分でも作れるの!?」と強く驚く。

個人ブログとかが、それほどない時代だったので
ホームページというのは「会社が何千万かけてお店を構える」くらいの印象でした。

しかも、JavaScriptを使えば
ただのテキストだけではなく、色々動かせることを知り、面白くてはまる。

その結果、JavaScriptのconfirmの分岐で、
「洞窟がある。入りますか? OK/Cancel」
→「洞窟を進むとスイッチがあった。押しますか? OK/Cancel」
みたいな、選択式のゲームを作ったりしてました。

その後、HTMLはサーバーに公開しないと、他の人に見れないことにショックを受け
無料のレンタルサーバーを借りる。たぶんland.toという所です。

まだ変数すらまともに使ってませんでしたが、一応プログラミングを始めた時期ということになります。

15歳

シフトアップネットというサイトのツクローアドベンチャーというもので、
ゲームを作って公開できるのを知る。

この時点で条件分岐や繰り返し処理などの基礎が身につき
RPGで、レベル上げ可能・2人パーティ・全体攻撃や2回行動する敵なども作ることができるようになり
もう簡単なプログラムなら、大体作れるように。

ちなみに本とかは一冊も買っておらず、それほど参考になるサイトも見つからず
そこらじゅうから情報を集めてきた完全独学です。

2009/11/21

シフトアップネットで、数か月作っていたのですが、作ったものに対する反応は一切なく、
だれも遊ばないゲームをひたすら自己満足で作ることが、なんだかむなしくなってくる。

パソコンが壊れて、自動ログインしていたパスワードをわすれて
ログインできなくなったのをきっかけに
ゲームなどに対してコメントが書けるRmakeに移動。

ここで初めて「ikosami」という名前が登場。

i ko が苗字と名前 sa miは三月三日の誕生日です。

この後、Unityアプリを作り始めるまで、Rmake上に
2017/02/14に最後にゲームを公開するまでは、ほぼ毎日ずっといました。

17歳

3年間、ほぼ毎日ゲームを作り続けていたため、ゲーム業界の道に進みたかったものの、
説明することができず、反対されてしまい、全然関係ない分野の大学へ。

18歳

大学のパソコン室が、割と開放的だったので、いつも昼休みや授業後にゲーム作ってました。
それほど関心が無かった分野だったために、成績はボロボロでした。

19歳

大学祭で、サークルで自分のゲームでパソコン室占拠してゲーム展覧会を開く。

エアコンのきいた部屋でゲームを遊んで、
クリアすると景品がもらえるというものだったため結構人が来てくれました。

やはりゲームが作りたかったので、大学で得た資料まとめ・発表の知識で親を説得。
大学を中退してゲーム関係の学校へ。

20歳

初のJava。ここまで6年間、独学だったため、基礎知識が全然なく、
学校で始めて、Classという概念を知りました。

なぜか入学一か月ほどで、30時間ゲームジャムに参加。
そこで、初のUnityとC#。自分が全然役に立たなかった覚えがあります。

21歳

学校の授業で自由にゲーム作る時間の時にUnityで魔防城を作成。
Unityで初めて一人で作った初作品です。
この時期は、Unityになれておらず、作ったゲームはほとんどJava製でした。

22歳

就活開始時期。
他の人たちが4年分の経歴を出すのに、自分は8年分の経歴を出すため、
色々な会社の方から好印象っぽい接し方をされたものの、
だいたい書類で落とされました。

正直、ゲームを作る仕事であればどこでもいいと考えていたため、
それが表に出ていたような気がします。

23歳

脱出いこさみ, 魔防城(※2年前のをバランス調整)、転がりゆく玉を作成。

相変わらず書類で落とされるので2社しか面接していない状態で、現会社に就職。

と同時に、結婚。 卒業前だったので学生結婚・・・?

24歳

社会人1年目。

バランス・ブロック

hoteat

えぼりうダイエット

諸島の守護神 つながる大地

LineBound

を制作。ほとんどUnity1weekのものです。

裏で他にもアプリを2,3個作っていたのですが、没になりました。

25歳

社会人2年目

単語探しクリエイター

他にもいろいろ作りましたが、面白くならず没。

あとせっかく夢だったゲーム業界に入ったのに、色々あって退職。
フリーランスへ。

26歳

ブレイクスクールシミュレーターが、ぷちヒット!

今までの桁違いのダウンロード数になっています。

 

この自己紹介記事を書いた時点なのでここまでです。

スキル

Unity C#

仕事でやってた
趣味でもアプリ6個出してる

Java
あまり覚えていないけれど、思い出せばギリ行ける

PHP
独学でいろいろやってる。一応アプリとはつなげている。

Python
チョットデキル。

C++
できなくはないけれど、極力やりたくない

Blender
記録が残っている限りだと2010年06月05日の時点から使い続けているので
3Dモデリング歴10年くらい?

更新日:

Copyright© Grass-Moss , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.