ゲームを作り続ける人生を送るikosamiのブログ

Grass-Moss

Unity

Unityで64bit対応したはずなのに「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません」

更新日:

夜にビルドして公開して寝ようと思った時には、いつも問題が起きる。

そんなゲームクリエイターikosamiと申します。

 

本日もまた、公開したら寝ようと思っていたら、公開することができませんでした・・・

というわけで、調べて解決したので、解決方法を書いていきます。

Unityで64bit対応したはずなのに「このリリースは Google Play の 64 ビット要件に準拠していません」

 

こんなエラーが表示されて、公開することができませんでした。

もちろん、ARM64にチェックは入っています。

 

x86が入っていてはいけない

ARMv7には、64bit版のARM64があります。

x86にも、64bit版があります。

 

2019年8月1日以降、64bit対応が必須になったのですが、

Unityは、ARMではない方の64bit版は対応していません。

そもそもx86すらも、Unity2019で非対応になるようです。

 

そのため、x86が入っている場合、その64bit版が入っていないと、64bit対応していない扱いになってしまいます。

https://forum.unity.com/threads/play-console-64-bit-problem.731141/

 

そのため、x86のチェックをはずすことで、公開することができました。

ちなみに、なぜか一回通らなかったので、

Bundle Version Codeを上げたり、Unityを再起動したりしてから

チェックを外して再ビルドした方がいいかもしれません。

 

昔の一部の端末が、非対応になってしまう

当然のことながら、x86が無くなっているので、

x86の端末は非対応になります。

 

とはいえ、どちらにせよUnity2019では非対応になってしまうので、仕方がないのかもしれません・・・

-Unity

Copyright© Grass-Moss , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.